お金を借りたい

カードローンの賢い返済方法

カードローンの返済方法として一般的なのは、毎月決まった日に銀行口座から引き落としか、自分で振り込む方法があると思いますが、どちらも金額は最低額が決まっていて最低額だけ返済すれば良いと思っている方もいるも思いますが、それでは、返済の催促の電話などは来ませんが、元本はなかなか減りません。逆にカードローン会社の思うつぼになってしまいます。カードローン会社は、金利分が稼ぎになりますので、金利分が長く続けば続くほど儲けが増えるわけですから毎月の最低額を低くしているのです。ですから、私がここで提唱するのは、最低返済額の倍もしくは、1.5倍の金額で返済に回してみてはいかがでしょうか?最低返済額の倍ですと、例えば毎月1万円返済の所2万円返すわけですから、日々の生活はかなり厳しくなりますが、借入が50万円で元本から考えれば1月が30日の場合で金利が15%だとしたら、約6000円が金利になり、実際の返済額は4000円弱になりますが、そこを2万円返済に回すと返済元本は14000円弱になりますので返済期間が短くなるのと、無駄な金利を払わなくて良いのです。正確な金利などの条件をなしに上記の返済で考えると、最低額を返済に回すと毎月4000円×12で48000円しか元本に回せないが、2万円返済にすると、168000円も返済に回せます。実際には多少の誤差が生じます。そのことを考えれば単純に元本が10万円以上減るのですから返済期間も3年前後で返済完了して借金のない生活が出来るのと同時に、返済額が多い分限度額までまた、いざという時に借入が出来るということになります。ですから、最低返済額以上の返済をお勧めします。

お金を借りれるところ一覧